日本のドラマが見れちゃう『Drama Cool』について違法性を調査

bandicam 2019-02-08 01-52-00-805

つい先日、こんなことがありました。YouTubeで音楽PVをチェックしていると古畑任三郎のドラマがおすすめに表示されました。公式で配信していたっけ?ラッキー!と思いお菓子と飲み物を持っていきゆっくりと見ようと再生してみると違法にアップロードされた動画でした。

視聴する分には法律違反ではないんですがモラル的には良くないことに変わりはありません。それで、まぁ本音をいうと50分ほどしっかりと見てしまいました。古畑さんの演技は素晴らしいと感動してしまいましたね。しかし私は、別のところが気になっていたんです、実は。

それは、動画の右上に『Drama Cool』と書かれていた文字のことです。試しに『Drama Cool』とググってみたところ、そこには闇が広がっていました。ここで、ようやく古畑任三郎のドラマの出どころが判明したわけです。つまり、『Drama Cool』で古畑任三郎のドラマを第三者が違法にアップロードされた動画をさらに第三者によってYouTubeに違法にアップロードされたみたいなんです。

今回は違法性を示すために『Drama Cool』の内部の調査と認知度調査を行っていきたいとおもいます。



Drama Coolのサイト内部調査

それでは、最初はサイト内部について調査していきます。こちらがサイトのトップ画面でした。検索欄やジャンルごとに絞り込むことが可能なようで、コンテンツにしても大きなサムネイル画像で表示されまるで公式の配信と見間違うほどの完成度にびっくりですね。


bandicam 2019-02-08 00-59-52-207


どうやらコンテンツは、中国や韓国のドラマも含んでいて、日本のコンテンツは、英語表示となっていました。


bandicam 2019-02-08 01-01-50-223


基本的にサイトのインタフェースは、全て英語ですね。運営者は、日本人ではなく海外っぽそうです。ページ下部にいくとドラマのシリーズのリンクが出ました。


bandicam 2019-02-08 01-02-05-970


試しに一つクリックしてみると、動画らしきサムネイルが表示されました。


bandicam 2019-02-08 01-02-18-475


再生ボタンをクリックした瞬間、新規タブで何やらポップアップ系の広告が一つ表示されてびっくりしました。ゲームスタートはしないしない。慌てずポップアップされたタブやウインドウは、すぐに消しましょう。


bandicam 2019-02-08 01-02-26-341


再び動画のページに戻ると再生が始まりました。


bandicam 2019-02-08 01-02-35-208


字幕が英語で表記されるので、やはり海外の方が作って海外向けのサイトっぽいですね。シリーズ選択は再生画面の上からできるようになっており、公式配信サイトでも見ないほど利便性の高さがうかがえます。


bandicam 2019-02-08 01-02-45-931


古畑任三郎のドラマは、果たしてここにあるのか検索してみました。はい、出るわ出るわで、古畑さん決まっていますね。


bandicam 2019-02-08 01-03-48-791




Drama Coolの日本人の認知度やアクセス数など調査

Drama Coolを検索すると候補から、日本人が検索したと思われる日本語のキーワード候補がいくつか出てきました。うん、日本人も使っているのだろう。


bandicam 2019-02-08 01-06-10-829


ここからは、サイトのアクセス数や認知度が調べられるシミラーWebで調査していきます。まずは、国ランク。これは、日本向けに作られたサイトなら日本の国ランクが表示されるんですが、アメリカとなっているので海外のアメリカで作られたかもしれないサイトということがここで分かります。


bandicam 2019-02-08 01-06-51-779


こちらは、サイトのアクセス数と滞在時間などが分かる一覧です。サイトの開設は、去年の夏頃のようで、現在までに350万人がアクセスしたということになります。しかし滞在時間が短いですね。


bandicam 2019-02-08 01-07-19-553


こちらは、どの国が多く利用しているかのグラフです。日本は、ランキングにあがってこず、アメリカが3分の1弱占めています。


bandicam 2019-02-08 01-07-39-635


こちらは、どういった経路がアクセスしたかのグラフですが、検索が多いですね。単純にサイト名を検索してアクセスした感じですかね。


bandicam 2019-02-08 01-07-59-475


こちらは、どういったキーワードでこのサイトにアクセスしているかのグラフです。サイト名の検索が多いですね。私みたいにYouTubeから流れ着いたのでしょうか。


bandicam 2019-02-08 01-08-17-305


ソーシャルアクセスです。これは、間違いなくYouTubeでしょう。


bandicam 2019-02-08 01-08-25-117




まとめ

さて、今回の検証はいかがだったでしょうか。個人的な見解は、違法性は微妙という考えに行きつきました。というのも、日本国において著作権法違反の対象は、日本人が日本で著作権者の許可なく違法にアップロードしているということですが、どうやら海外のサーバーで海外の方がアップロードしているため、国が違えば法律も変わるので何とも言えません。中国が日本のキャラクターやコンテンツをパクっても中国では罰せらないみたいなものですかね。そのまま日本の法律で当てはめるのなら、許可なく違法にアップロードした動画ということで著作権法違反となるでしょう。今後も機会があれば調査を行っていき違法性を発信していきたいです。そして最後に私から一言、興味あるコンテンツは、買うようにしましょう。
関連記事
スポンサーリンク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback