Androidスマホでパソコンを操作できるアプリ『Splashtop』を徹底解説


今回は『Splashtop Personal』というアプリについて機能や使い方などみていきます。このアプリは、iPhoneやAndroid端末などでパソコンの操作を行うことが出来るアプリです。

写真や動画、音楽を再生するだけというものではなくて、パソコンの画面そのまま操作可能なのが大きな特徴です。これができると、パソコンでしかプレイできなかったゲームのプレイはもちろんのこと、まさしくパソコンのデータを端末に全て持ってきている状態なのでパソコンでできることは全て端末を通して操作できるようになります。



Splashtopでできること

・Android、iPhoneでWindows、Macの操作が可能
・Windows、Macで別のWindows、Macの操作も可能
・操作範囲はWindows、Macでできる全ての範囲
・動画や音楽、写真の閲覧
・ゲーム...etc



Splashtopの無料版と有料版の違いについて

無料版と有料版があります。

・まず無料版については、使用デバイスとパソコンが同じネットワークに接続している場合に限り利用できます。つまり、固定回線がある家での利用のみなら無料版で大丈夫です。寝ながらパソコンのデータをあさるのが毎日の日課ですw

・そして有料版は、端末とパソコンを同じ回線である必要もなく接続できるというメリットがあります。これは、パソコンは自宅にあり、自身は外出している時などに遠隔操作することができます。これは、プラン制度によって金額がかわってきます。





・1か月版→550円
・1年版→1427円
毎月利用する自信があるよって方は、1年版が圧倒的にお得です。迷って1か月プランを12か月使用した場合6600円かかります。



デメリット

・パソコンの電源をつけっぱなしにしておく必要がある
・動画やゲームなど大きいデータの受信は電波が良くないと難しい
・1080pの動画ならWiFiが安定していればスムーズに再生できるが安定しないとノイズブロックが入る
・動作の激しいゲームにおいては、1秒ほどのラグが発生する



操作する端末に導入するアプリ『GooglePLAY版』Splashtop Personal

ダウンロード先 : コチラ



パソコンに導入するソフトSplashtop Personal

ダウンロード先 : コチラ



導入方法

今回はAndroidスマホでも説明となります。まず上記の(操作する端末に導入するアプリ『GooglePLAY版』Splashtop Personal)アプリをインストールします。

起動したらSplashtopのアカウントを作成していきます。メールアドレス、パスワード、パスワードの再入力の順で入力していき(アカウントの作成)をタップします。





サービス条件が表示されます。(同意する)をタップします。





これでアカウント作成が完了です。(続行)をタップします。





先ほど作成したアカウント情報でログインします。





ここで認証が必要ですと警告がでるので、登録したメールアドレスを開きます。





メールアドレスは以下の様になっており(このデバイスを認証するためにこのリンクをクリックしてください。)という部分をクリックします。





(デバイスは信頼できるデバイスとして正しく認証されました)と表示されれば認証完了です。





ここからは操作される側のWindows、Macでの操作内容となります。上記リンクの(パソコンに導入するソフトSplashtop Personal)を開き(お使いのコンピューター用のStreamerをダウンロード)で(ダウンロード)をクリックしソフトをダウンロードします。





ダウンロードしたファイルを起動するとインストールされます。





プログラムを開くとこのような画面になります。





1、状態→先ほど設定した情報でログイン
2、設定→パソコン起動と同時にソフトも起動のオンオフ、相互間でのサウンド設定、スリープ設定など
3、セキュリティ→新規接続端末でも認証におけるセキュリティ強化
4、共有する→有料版に設定すると複数で画面共有できます。

それではログインします。

ログインした画面。





これで端末とパソコン側での設定は完了です。



使用方法を徹底解説

ここからはSplashtopの使用方法の説明です。端末側でSplashtopを起動します。接続するパソコン側がオンライン状態ならここに表示されます。





解像度を800*600、1024*768、このデバイスに合わせる、PCディスプレイの設定を使用から選択したら(リモートデスクトップ)をタップします。





ちなみにこの(接続するまでお待ちください)の画面が長いほど接続が安定していないと個人的に解釈しています。





操作方法一覧





・ワンタップ→左クリック
・タップ長押し→右クリック
・タップしながらドラッグ→ファイル移動
・二本指でスライド→スクロール
・二本指で拡大、縮小→画面の拡大、縮小





1、接続シャットアウト
2、ヒント
3、画面の録画
4、スタート画面の表示
5、画面回転の固定
6、ディスプレイスイッチ
7、スクロールバーの表示
8、トラックパッドの変更(ジェスチャ、トラックパッド、直接ジェスチャの3種類)





9、FPSの変更
10、ミュートオンオフ

右下のアイコンについて。





このアイコンをタップするとキーボードの表示が可能。





Splashtopの端末で操作した内容は、パソコンへはどれくらいのラグがでてるのか比較してみました。





まとめ

いつも寝る前やパソコンの部屋に行くのが面倒だけど確認したいことがあるという時に重宝しております。接続が安定していればパソコン内部の動画や音楽もスムーズに再生できるので大変便利なアプリに感じています。かれこれ5年は使用しておりますが変わらず今後も使っていく必須アプリになりそうです。閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーリンク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback