Androidでイヤホンが使えなくなった時の対処法まとめ


イヤホンって、サクッと音楽を楽しむためのものなのに音がでなかったり片方だけしか出なかったりするとイライラしますよね。極めつけは、イヤホン機能を無視して端末のスピーカーから音楽が出てしまう日には赤面です。

ほとんどの場合がイヤホンの故障ではなくて端末側の問題が考えられます。今回は、Androidスマホでイヤホンが使えなくなった際の対処法をまとめて紹介します。



有線式のイヤホンの場合・プラグ=イヤホン部分・ジャック=端末のオーディオ穴

有線式イヤホンがAndroidスマホで使えなくなった場合の対処法です。

Android側かイヤホン側かどちらに問題があるのか診断
まずは、Androidかイヤホンのどちらに問題があるのか確認してから対処していきましょう。この判断ができないまま、誤った対処法を進行させると、最悪、故障してしまうかもしれませんので注意してください。

その判断材料として、使えなくなったイヤホンを一旦、他の端末に挿してみます。イヤホンに問題があるのなら、音は出ません。この場合、イヤホンの修理よりも買いなおした方が安いので買いなおした方がいいかもしれません。また、音が出れば、最初の端末側に問題があるということが分かります。



1、イヤホンプラグを抜き差しする※イヤホン側のみで試すべき対処法
単純にイヤホンジャック側とプラグ側の接続が不安定なのかもしれません。みなさんもまずやるかとおもいますが、イヤホンプラグを抜き差ししてみましょう。



2、イヤホンプラグとジャックを掃除※Android&イヤホンの両方で試すべき対処法
イヤホンまたはAndroidの両方を100均とかにあるエアスプレーで垢やほこりを飛ばして掃除してみましょう。





もしかしたら、そういったゴミの影響で接続が不安定になっている場合もあります。このエアスプレーは、人間がストローくわえて、フゥーってやっても大丈夫です。結構アナログなので、やり方は他にもいろいろありそうです。または綿棒や歯ブラシなどでも軽くゴシゴシしてあげてください。



3、Android端末を再起動※Android側のみで試すべき対処法
Androidを再起動させる。実はこれが一番効果的な対処法です。色んなアプリや設定の干渉でイヤホンの出力設定が変更されている可能性があるので、再起動してエラーなどを初期値に戻してあげましょう。



4、Android内部の設定を変更※Android側のみで試すべき対処法
まず疑う部分は、Androidの音量をミュートにしている。これは、普通にありがちなので確認してみましょう。さらにLRの音量バランスが偏っていると片方のイヤホンからは音が出なかったりしますので、それも合わせてみておきましょう。



5、そもそもイヤホンの音量がミュートになっていない?※イヤホン側のみで試すべき対処法
最近のイヤホンは、音量調整ができるタイプがあります。そもそもミュートになっているか、スライド式で音量調整するイヤホンならポケットからイヤホンを出す時にこすれてミュート状態になっていませんか?私も実はこれよくあるんですよね。案外、こんな単純なミスで音が出なかったりしますので細かくみましょう。






壊れにくい有線式イヤホンの選ぶポイント

有線イヤホンが壊れる原因は大きくわけて2つあります。

・コードの断線
・イヤホンプラグのサビ

まずコードの断線は、Androidスマホにぐるぐると巻いたりポケットに入れた時にコードが曲がってしまい、これが何度も続くと内部の線が断線してしまいます。

イヤホンプラグのサビは、あんまり知られていないんですが、金メッキと銀メッキのものがあります。銀メッキはサビに弱く、プラグをつかんだ際に自分の汗が付着し、それが原因でサビるということもあります。金メッキは、サビ防止に強くてさらに音声にノイズが入らず安定します。





このことをふまえて、故障しにくいイヤホンって何なのか?

・コード部分が平べったいうどんのような形状のもの

このように平べったいコードは断線に強いです。





反対にこのような丸いコードのイヤホンは曲げるとコードが劣化し断線しやすくなります。





・端末とイヤホンを接合のちょっと上の部分が頑丈なもの

このようにバネゴムで断線しないように防止するといいです。





イヤホン断線防止と検索すると、数百円程度で防止クリップが販売されています。






Bluetoothイヤホンの場合

BluetoothイヤホンがAndroidスマホと繋がらない場合の対処法です。これについてもAndroidかBluetoothイヤホンのどちらに問題があるのか診断する必要があります。別の端末で接続できれば、Bluetoothイヤホンは問題なく、端末側に問題があるということです。

1、ペアリングできている?※Bluetoothイヤホンのみで試すべき対処法
これは、二回押しや長押しといったようにBluetoothイヤホンごとに接続方式が違います。また自動ペアリングできるタイプにおいても、一度別の端末へ繋ぐと、再度接続設定を行う必要があります。



2、電波の干渉を受けている※AndroidとBluetoothイヤホンの両方で試すべき対処法
電気街など電波が多く飛び交う場所では、接続が不安定になり音がとぎれる場合があります。個人的な経験でいえるのが、Androidを充電しながらBluetoothイヤホンや有線式イヤホンを使用すると途切れたり音がでなくなったりすることがありました。



3、バッテリーがない※Bluetoothイヤホンのみで試すべき対処法
初歩的なミスですがバッテリーがなくなってませんか?一度家庭用コンセントで満充電してみましょう。モバイルバッテリーで充電すると、バッテリー消耗が激しくなるので、何か不具合がある時は家庭用コンセントから充電しましょう。



4、アプリが接続を妨げている※Androidのみで試すべき対処法
しっかりとペアリングがされている状態なのに音が出ないという場合は、他のアプリが干渉していことが考えられます。特に多いのが音質をブーストしたりイコライザ設定アプリに多く、これらのアプリでBluetoothイヤホンの音質を無視するという報告があります。そんな時は、そのアプリを強制停止させておきましょう。



個人的な感想

さて、ここまでがイヤホンが使えなくなった時の対処法のまとめでした。有線式イヤホンとBluetoothイヤホンの2つに分類して紹介しましたがいかがだったでしょうか。有線式イヤホンならともかくBluetoothイヤホンは、値段が高いので軽々しく買い替えるなんてことは難しいので、一度、基本的な部分を確認してみると予想外の方法で直るかもしれません。それでも直らない場合は、買い替えるしかありません。閲覧ありがとうございました。
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback