最終手段LowMemoryKillerを発動しメモリ解放してくれるアプリ


今回は『ハイパーメモリクリーナー [メモリー解放]』というアプリの紹介を行います。このアプリは、メモリ解放をしてくれるアプリです。

大きなポイントがLowMemoryKillerというAndroidにもともとついている機能をすぐに発動してくれるという点です。

このLowMemoryKillerというのは、重くてこれ以上動作が追いつかないって時にAndroidOSに影響を与えない程度の優先度の低いサービスやアプリをサクッと終了しメモリを大幅に空けてくれる機能です。

たまにありますよね、色んなアプリを起動していたらアプリが落ちてホーム画面のアイコンやウィジェットなどが消えて少し待つと徐々に表示されるという現象。

これは、アプリやサービスをきれいさっぱり終了している状態で、メモリが大きく解放されていることを示しています。しかしこの機能は、このような動作が追いつかなくなった時だけしか発動しません。それを今回紹介するアプリ『ハイパーメモリクリーナー [メモリー解放]』ではLowMemoryKillerを発動してくれます。ただし、本来はAndroidのメモリが圧迫された時だけの発動なので、このアプリでも、ある程度メモリが圧迫していないと発動しなかったりします。



使用方法

こちらがアプリトップ画面です。空容量がRAMにあたるメモリの容量、空容量OSはストレージの容量を指しています。総メモリはRAMの容量です。こちらの場合約4GBのメモリのうち約3GBの空容量があるということがわかります。





右上の三点アイコンから設定がひらけます。メモリサイズやスレッド数の割当が可能です。





それでは実際にメモリ解放してみます。(GO CLEAN)をタップします。

・メモリ解放前のメモリの空容量→3154MB
・クリーン前のストレージの空容量→1829MB





・メモリ解放後のメモリの空容量→3355MB
・クリーン後のストレージの空容量→2782MB
・プロセスが63から58にいくつかのサービスを閉じたことがわかります。





RAMのメモリは、しっかりと解放され、さらに驚いたのは、ストレージまでも増やしてくれました。今まで使ってきたスマホ快適ツールの中で一番の効果な体感することができました。



ハイパーメモリクリーナー [メモリー解放]

ダウンロード先 : コチラ



アプリ知名度

・4.3以上の星
・360件以上の評価
・1万回以上のダウンロード数
・サイズ容量は2.2MB
・Android要件は4.03以上



低評価をつけたレビュー

・スマホのアプリとか全て終了させるから結構危ないアプリです
・バックグラウンドで動作している機能を停止しているのでスマホ自体に支障がでます



高評価をつけたレビュー

・メモリ解放量が他のアプリとずば抜けている
・ブラウザやアプリの動作がかなり速くなった
・毛穴を引き抜く並みにごっそりとってくれる
・最強のメモリクリーナー
・常駐しないのでいい
・今まで使ってきたスマホ解放アプリの中では一番



このアプリのレビューを読んでみましたが第三者として、開発者のコメントがユーザーに対してかなり酷いコメントを繰り返しており、個人的に不快に感じました。ユーザーが低評価して気分が悪くなるのも分かるんですが、それを言葉に文字にしてはいけないと思うんですよね。そもそもアプリの最初の説明が(Android8.0以降は、正常動作しないらしいです。)という投げやりな内容で、検証もせず提供しているのならもはや致命的なアプリです。効果は、なかなか素晴らしい結果だっただけに残念に思います。
関連記事
スポンサーリンク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback