YouTubeの広告をブロックする野良アプリ『YouTube Vanced Edition』の安全性について


『YouTube Vanced Edition』は、YouTubeの広告をブロックしたりYouTubeの背景のテーマカラーを変更できるAndroiアプリです。基本的に既存のYouTubeアプリと同等の機能とインタフェースなので今のYouTubeアプリをもっと使いやすく改造したいという方に便利なアプリです。ただしいくら便利といわれても導入するのに気になるのが野良アプリという点です。PLAYストアから認可されないアプリ『YouTube Vanced Edition』なので、日常使用できるほどの安全性があるのかみていきたいとおもいます。



YouTube Vanced Editionの主な機能一覧

既存のYouTubeアプリに加えてこのアプリならではの機能がついております。その機能についてみていきたいとおもいます。

・YouTube再生中に出る広告をブロック
・アプリを閉じても動画を再生するバックグラウンド機能
・端末で指定されている解像度をさらに上げる機能
・リピート再生
・画質や再生速度を動画の始まりから初期値を変更
・デザインのカラーを変更
・HDR機能の有効化と無効化



YouTube Vanced Edition

ダウンロード先 : コチラ



YouTube Vanced Editionをダウンロード

ROOT化していない場合Non-Root Downloads→Downloadsをタップ。

Non-Root downloadsからWhite/BlackやWhite/Darkとかかれている部分をタップするとダウンロードが始まります。これは、テーマの違いなので機能に変化はありません。好きな色を選びましょう。あと、タップしてからダウンロードまでに時間がかかります。





ダウンロードが完了したらインストール。





野良アプリは、インストールの許可がされていないので設定から変更します。設定→セキュリティ→提供元不明のアプリのインストールを許可するをONにします。これで、野良アプリでもインストールできるようになります。






安全性について検証
検証といってもアンチウイルススキャンやアクセス情報をみていくだけです。ついでにメモリ使用量もみていきます。

YouTube Vanced Editionと公式YouTubeでアクセス情報について比較してみます。
YouTube Vanced Editionの場合、アクセス情報は以下の通りです。





・写真と動画の撮影
・SDカードのコンテンツの読み取り
・アカウントの追加と削除
・インターネットからデータを受信する


公式YouTubeの場合、アクセス情報は以下の通りです。





・ID
・連絡先
・位置情報
・SMS
・端末上の画像、動画、音声など
・カメラ
・マイク
・WiFi接続情報
・電話番号など

となり公式YouTubeの方が色んなデータなアクセスしていることがわかります。それに比べYouTube Vanced Editionでは最低限のアクセスで結構安心できます。

メモリ使用量は、バックグラウンド再生している状態でも108MBと割と軽い模様です。マイニングとか行われるとバッテリーの減りが早かったりメモリ使用量が多かったりするんですが、いまのところそういったのは、なさそうです。





Power CleanというアプリでこのYouTube Vanced Editionをスキャンしてみましたが脅威は未検証となり安全という結果になりました。






使用方法

こちらが起動画面。公式のYouTubeアプリと全く同じインタフェースです。公式YouTubeの機能は、全てついていますが一応説明を加えておきます。





1、テレビへキャスト
2、検索
3、ログインとYouTube Vanced Editionの設定


3からYouTube Vanced Editionの設定ができます。





1、全般はテーマの変更、国など変更(日本から見れないコンテンツも国を変えたら見れるようになるとかならないとか)





2、自動再生
3、バックグラウンドは、アプリを閉じても音声が流れます
4、テレビへキャスト
5、履歴
6、通知(基本的にOFFにしておいて大丈夫です)





7、字幕
8、さらに細かな設定(リピートやHDRの有効、無効など)

8の設定について少しだけ説明。英語が苦手なので間違っていたらすみません。
・Video Quality
 ・Orverride~Limit→すべての画質を選択できるようにする
 ・Preferred~Wi-Fi→WiFiで接続している際の画質を設定
 ・Preferred~Mobile data→モバイル通信の接続の際の画質を設定
 ・Preferred~Speed→再生速度を設定(次回以降もずっと同じ)

・Misc
 ・Auto Repeat→リピート再生
 ・Auto Repeat~Playback→バックグラウンド再生でリピート再生
 ・HDR~→HDRの動画再生時に画面の明るさを最大化

カラーをブラックに、そして再生してみました。使用感は、公式のYouTubeと同じです。10秒送りや最小化、コメント機能など全て使えました。広告は、全て非表示になっているのでYouTubeライフがますます進みそうです。






YouTube Vanced Editionの更新方法について

YouTube Vanced Editionは、野良アプリということでPLAYストアのようにアップデートされたら自動で更新というわけにはいきません。野良アプリは、すべて自己責任ということが鉄則なので端末の故障も更新も自己責任で行う必要があります。野良アプリにしては珍しいんですが更新が結構頻繁にあります。ただアプリがアップデートされる度に更新するのは手間なので、15日間隔とか個人的には6か月おきくらいでも大丈夫だとおもいます。更新方法は、導入するときと同じです。ただ何度もアップデートするとダウンロードしたAPKファイルが蓄積するのでこれも自分で消しておく必要があります。
関連記事
スポンサーリンク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback