専門知識不要で使えるスマホお掃除アプリ


今回は『メモリそうじ専科 (超強力+余計な権限ナシ)』というアプリの紹介です。日本製と強調されたアプリです。そもそも日本製とアピールする意味が分からないんですが、中国製や他国のアプリでは、情報が抜かれるからなんですかね。

基本的に、私はそんなこと一切気にしません。気にするのは、雄大表示や嘘の可能性のある、うたい文句フレーズです。このアプリの紹介文の日本語のおかしい箇所が見受けられたので記載されている住所を確認してみました。J Kosaという提供元で住所のとおり日本の非破壊検査株式会社というところが開発したアプリでした。

さて、そんなことはおいといて、このアプリでは不要なメモリの削除を行ってくれるアプリです。メモリのお掃除といっても、RAMでもあるしROMでもあります。アプリ紹介文には、メモリ解放とかかれているのでRAMの方だとおもいますがその辺も詳しくみていきたいと思います。



使用方法

アプリは、これといって起動画面があるわけでなく、ポップアップ式のメニューが表示されるだけです。というよりもアプリを開くと同時にメモリ解放が行われます。これは、情報通り、RAMのメモリ解放が行われているようです。





メモリ解放後は、結構いろんなアプリが強制終了されていますね。どれくらいメモリ解放されたか、スクショしたかったんですが、スクショアプリが停止されました。このアプリ提供元がいっている、メモリクリーンの能力が強力すぎるみたいです。いいのか悪いのかよくわからないです。


通知を見てみると、メモリ解放前が741MB使用していましたが、メモリ解放後では610MBとなり約130MBほど解放されたことがわかります。





最後に本当に数値通りのメモリが解放されているのか検証しておきます。アプリ上では500MB解放されました!とか誇張されている場合があるので、設定画面のRAMの数値を解放前と解放後で比較してみます。まずは、解放前のRAM容量。私の端末では、全体のRAM容量が4GBとなり、空き容量が3.0GB。システムが480MBにそしてアプリに309MB振り分けられていました。





スクショできないので、iPhoneで撮影しましたが371MBのメモリが解放されたと、なっています。





こちらがメモリ解放後のRAM容量となります。システムに457MB、アプリが293MBと微妙な変化でした。アプリ上では371MB解放されたと表記されているのにもかかわらず、39MBしか増えていませんでした。これはさすがに誇張しすぎでは?





ただRAMに関して、メモリ解放されているのは、情報通りでした。あと解放されるのはRAMなので、ストレージ容量は増えません。



メモリそうじ専科 (超強力+余計な権限ナシ)

ダウンロード先 : コチラ



アプリ知名度

・4.5以上の星
・3万7千件以上の評価
・100万以上のダウンロード数
・サイズ容量は3.6MB
・Android要件は4.1以上



低評価をつけたレビュー

・アプリを使用中に画面が切り替わる事が多い
・広告のCM削除したくて30秒とかふざけている
・LINEの通知音がでなくなる(提供元からのメッセージでお掃除力が強すぎるようです)



高評価をつけたレビュー

・2年以上前から使っているアプリ
・オプションなどどの機能をとってもナイス
・さすが日本製
・PUBGというゲームをする際につかっています
・日本の方が作っているので安心
・大体のクリーンアプリは重くなるんですがこのアプリは速くなったのが分かる
・Yahooブラウザの機能で最適化していましたがもっとクリーニングしてほしいことからこちらを使っています
・メモリ解放系のアプリをいくつも使ってきましたがこのアプリが一番安定している
・Yahooからの乗り換え
・スイスイ動くようになりました
・しっかりと掃除してくれ無駄な機能もなくいいです
・これしか使ったことないので比較できませんがものすごく軽くなっている
・電池持ちが長続きするようになった
関連記事
スポンサーリンク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback