Androidアプリを中心に紹介していきます 3位くらいになれればうれしい

画像の文字を読み取ってくれるOCRアプリの有料と無料の差を検証

bandicam 2018-10-29 16-01-51-853

みなさんOCRってご存知ですか?OCRとは、画像に含まれる数字や言語をコンピュータがスキャンし、テキスト化してくれる技術のことです。インターネット上では、文字のコピーは容易にできるんですが画像上の文字をコピーしてペーストなんてことは、不可能ですよね。普通なら画像の文字をコピーする場合、人間が手で打ち込む必要がありますよ。そういった画像に含まれる文字を読み取りテキスト化してくれるというアプリが実はすでにあるんです。とはいうものの、OCR技術はまだまだ発展途上で、完璧に文字を読み取ることはできていません。

無料のOCRアプリは数え切れないほどある中、960円というなかなか期待値の高まる金額で設定された有料のOCRアプリがあったので入れてみました。OCRアプリの無料と有料の差って何なのか?単純に気になったので今回は、960円の有料OCRアプリ『OCR Text Scanner pro : Convert an image to text』と無料の中でそこそこ評価の高いOCRアプリ『Image to Text OCR Scanner - PDF OCR - PDF to DOC』と比較してみたいとおもいます。
無料と有料のOCRアプリを比較検証

はじめに、有料のOCRアプリについてみていきたいと思います。





アプリのトップ画面となります。アプリのインターフェイス言語は、英語ですが画像の文字を読み取れる言語は、55種類以上に対応しているようです。まず右上の3点アイコンから設定します。





初回インストール時には、画像を読み取る文字の言語のプリセットがインストールされていませんので、インストールしていきます。55言語に対応しているので、かなり幅広く使えます。もちろん日本語にも対応済み。英語は、初めからインストールされているようです。





それでは早速、画像内に含まれる文字はどれくらい読み取ってくれるのか見ていきます。アルバム内と、写真撮影から画像を選択できます。写真撮影から画像選択は無料アプリでよくあったんですが、アルバム内から、つまり端末に保存されている画像を読み取ってくれる無料アプリは少なく、これは有料アプリならではの恩恵かなと。写真撮影から選択できるのは一見便利かと思うんですが、インターネット上の画像を読み取る場合、撮影しようがないので、一旦ストレージに保存して読み取ってくれる機能がかなり便利だと思います。





読み取る画像選択したら、範囲指定します。つぎに左上の項目から、読み取る言語を選択します。最初は、ティッシュの箱に書いてある言語読み取りたいと思います。GRAB image TEXTをタップすると画像解析が始まります。





日本語の読み取りの場合、わずかな文字数にもかかわらず1分近く解析にかかりました。果たして、画像に含まれる文字をしっかりと読み取ってくれたのか!





どうですか?ほぼ完璧といっていいほどしっかりと読み取ってくれました。1文字だけ余計な部分が追加されてしまいましたが、それ以外は、全てテキスト化されました。





次に私のブログについても読み取ってくれるのか見ていきたいと思います。そもそもコピーできるんでやる意味は無いんですが、ブログを開いて写真撮影して画像化しました。





はい、こちらに関しても8割以上の解析率でとても精度が良いように感じます。





他にも本などの雑誌でも読み取れるのか見ていきたいと思います。これがもっとも、OCRアプリの使いどころではないでしょうか。本の文字をテキスト化できるということは、文字をコンピュータに移せるということです。つまり私みたいにブログをやっている方は、雑誌の情報をテキスト化するのには、もってこいです。解析に使った画像は、大学時代に使っていた英語のワークです。





さすが、英語の読み取りはめちゃくちゃ早くて、こんなに文字数があるのにもかかわらず解析に10秒もかかりませんでした。そして、めちゃくちゃ読み取りの精度が高いんですよ。





ただし、欠点もありました。こちら、アウトドアチェアに印字されていた文字なんですが。





読み取ってみると、3割も読み取りができていない状態でした。おそらくこれは、文字の背景が凸凹していると読み取りの精度が一気に落ちるのかもしれません。





クリップボードに、解析した文字をコピーするには下記の画像のようなアイコンをタップするとコピーできます。






OCR Text Scanner pro : Convert an image to text

ダウンロード先 : コチラ



そして無料のOCRアプリでは、有料とどれぐらいの差があるのか見ていきたいと思います。





無料アプリの場合、精度がどうのではなく、機能自体に制限があります。見てみると、スキャンできるのは1日あたり5枚までとなっていました。この時点で、やはり有料アプリは、お金を出している分だけあって無限に使えるのはいいところですよね。





START scanningをタップすると、ストレージ内部の写真か、写真撮影して画像選択のいずれかから画像を追加します。





先程のティッシュ箱を読み取ってみました。ある程度、文字を読み取ってくれてはいるものの、有料版のアプリとは比べ物にならないほどミスが多いです。






Image to Text OCR Scanner - PDF OCR - PDF to DOC

ダウンロード先 : コチラ



検証結果

無料のOCRアプリは、そもそも機能制限が付いており日常的に使うには、かなり厳しいかと思いました。さらに、有料のOCRアプリと読み取り精度を比較してみると、そこまで良くはありませんでした。私の予想としましては、読み取り精度にはそこまで差は、ないんじゃないかと思っていましたがさすが有料とあってかすばらしい完成度でした。参考にしてもらえれば嬉しいです。
関連記事
スポンサーリンク

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.
Copyright © Androidアプリ専門ブログ All Rights Reserved.