スマホの発熱を抑えるアプリ『CPU冷却』の効果


スマホでゲームや動画を長時間、使用していると端末本体が熱くなりますよね。これは、スマホのCPUがフル稼働しているため発熱を起こしています。人間でいうところのマラソンで体温が上がるようなものです。それでもスマホを使い続けると手で持てないほど熱くなります。そうなる前に対策すべきものが今回紹介するアプリ『CPU冷却』です。このアプリでは、スマホの発熱を抑えて冷却してくれるアプリです。CPUにかかる消費量を減らして発熱の問題を解消してくれるらしいので入れてみましたが、どれくらいの効果があるのかみていきたいと思います。



検証

今回は検証といっても、まぁただ使ってみての感想に過ぎないのでそこまで参考にならないかと思います。まずアプリを起動するとスマホ端末の現在の温度やCPU、RAMの使用量が表示されます。





色々出来るみたいなんですが、とりあえず今すぐ検出をタップ。するとスマホ温度について安全かのメッセージが出て、その下に発熱を起こしている可能性のあるアプリを一覧表示してくれます。





クールダウンをタップすると、CPU冷却が行われ、こちらの場合3.5度下がったようです。数秒で3.5度下がるのは、やや怪しさがありますが気持ち的にうれしい?かな。





トップに戻ると35度から32.1度に下がっており、実値とは異なりますが、多少の誤差程度でしっかりと冷却してくれているようです。。CPU使用量も10%下がっていました。





トップからページ下部にいくと、他にも機能があります。ジャンククリーンやメモリクリーン、ゲームブーストなど、無料のわりに芸が細かくて文句のつけどころがないんですよ。





ジャンククリーンをやってみると294MBもクリーンされました。





電池セーバーは、電池消耗の激しいアプリを検出してくれます。





さらにトップからページ下部へいくと、端末の内部情報が見れます。CPUや型番、さらにはバッテリー容量とかもみれました。





ただ、1つ気になるのがこのアプリを閉じていても、RAMを約200MB使っているということです。これなら、入れない方がマシっていうwww停止しているにもかかわらずバックで稼働されるのは、やめてほしいです。






CPU冷却

ダウンロード先 : コチラ



アプリ知名度

・4.6以上の星
・4万以上の評価
・100万以上のダウンロード数



低評価をつけたレビュー

・無料だから仕方ないけど、さすがに広告が多すぎる
・いまいち効果がわからない



高評価をつけたレビュー

・発熱の原因となるアプリを教えてくれる
・いいのか悪いのか、よくわからない
・たぶん、良いんだと思う!
・こういうのはあまり信用してなかったんですが使いやすく、スマホも快適
・ジャンククリーン機能は素晴らしい
・はっきりと効果を実感できる
関連記事
スポンサーリンク

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback